整備・修理・保険

整備作業料金表

こちらでは、コバックでよく行われている整備、点検、修理の金額をお知らせしております。もちろんコチラに載っていない整備も行える場合がありますので、まずはお気軽にご相談ください。


定期点検

12ヶ月点検や6ヶ月点検と呼ばれる、法律で義務付けられている点検の料金です。
フロントガラスの助手席側に丸いステッカーが貼ってありませんか?これが定期点検のステッカーです。
車内より、次回の定期点検の期限が見られますので、期限前に受けるようにしましょう!
また、ステッカーの下のほうに小さく「貼り付け期限」が書いてございます。貼り付け期限を越えて貼ったままにしてありますと、【保安基準不適合】となってしまいますので、早めに点検を受けてください。


12ヶ月点検 国産軽自動車11,000円(消費税別880円)より
小型乗用車12,000円(消費税別960円)より
大型乗用車13,000円(消費税別1,040円)より
6ヶ月点検 小型貨物車(カローラバン等)12,000円(消費税別960円)より
1BOX・トラック13,000円(消費税別1,040円)より

お車の持ち込みと引取りをしていただけますと3,000円(消費税別240円)割引!!
輸入車やその他の車種はお問い合わせください。

▲Page Top

安全点検

「長距離の旅行に行くので、途中で止まらないか心配」「最近調子があまりよくない」などございましたら、安全点検をお勧めいたします。
お車を総合的に調べさせていただきまして、整備・修理を行います。

また、最近の車輌は各所にセンサーが付いており、コンピューターにて制御しております。不具合があるとコンピューター内にデータが残っていたりします。当店では各社対応のコンピューター診断機を導入しておりますので、チェックすることも可能でございます。


安全点検3,000円(消費税別240円)より
コンピューター診断5,000円(消費税別400円)より

輸入車などは料金が変わる場合がございます。 コンピューター診断機は車種、メーカーによっては対応していないお車もございますのでご了承願います。

▲Page Top

その他の整備

1.エンジンオイル交換

←クリックするとPDFファイルを見ることができます。

エンジンオイルの役割には5つの作用があるのをご存知でしたか?

  • 潤滑作用(滑らかに動かす)
  • 密封作用(隙間を埋める)
  • 冷却作用(冷やす)
  • 清浄分散作用(汚れを取る)
  • 防錆作用(サビ止め)

交換をしないと、燃費の悪化、出力低下、オーバーヒートなど様々な不調の原因となり、エンジンの寿命を縮めるばかりか、最悪の場合エンジンが焼きついてしまいます。

こちら
エンジンオイルの交換時期走行距離5,000kmまたは6ヶ月
SN/CFオイル5W-30(鉱物油) サービス価格→3Lまで 999円(税込)(以降1L324円(税込))
高性能SMオイル10W-40(100%化学合成油)サービス価格→3Lまで2,999円(税込)(以降1L864円(税込))
低燃費車用オイル 0W-20
次世代ディーゼル車用オイル
サービス価格→3Lまで2,999円(税込)(以降1L864円(税込))

※上記料金には工賃・消費税も含まれております。

2.ブレーキオイル交換

←クリックするとPDFファイルを見ることができます。

ブレーキ装置はブレーキオイルで動かしております。
ブレーキオイルは空気中の水分を吸収しやすく、距離を乗っていなくても2年で劣化してまいります。
交換をしないと、ブレーキ配管やホイールシリンダ部をサビさせ、オイル漏れが発生し、最悪ブレーキが利かなくなります。
また、ブレーキオイル自体の沸騰温度が下がってしまい、ブレーキ時の熱でオイルが沸騰し、ブレーキオイル内に気泡が発生することによってブレーキが利かなくなってしまうこともあります。(ベーパーロック現象)

ブレーキオイルの交換時期メーカー基準2年(新車は3年)の車検毎
通常価格(DOT3) 4,980円(消費税別398円:合計5,378円)→車検時価格2,980円(消費税別238円:合計3,218円)

車検時は2,000円(消費税別160円:合計2,160円)割引!

3.ラジエーター液(LLC)交換

←クリックするとPDFファイルを見ることができます。

ラジエーター冷却液(LLC)はエンジンを冷却すると共に、サビ止めと凍結防止の役割があります。
交換をしないとラジエーター本体やエンジンなどの金属部分からサビが発生し、つまり、水漏れ、オーバーヒートの原因となります。

ラジエーター液の交換時期メーカー基準2年(新車は3年)の車検毎
車検時価格3,980円(消費税別318円:合計4,298円)
(輸入車・大型車は4,980円(消費税別398円:合計5,378円))
スーパーLLC(10年10万キロ無交換等)使用車には2年に1度クーラントブースターを入れると効果持続、長持ちいたします。1,600円(消費税別128円:合計1,728円)
4.ATF交換

ATF(オートマチックトランスミッションフルード)はATミッションの潤滑油、作動油、冷却油など、様々な働きをしております。
交換しないと、変速時に大きなショックが起こるようになったり、加速が鈍くなったり、最悪の場合車が走らなくなってしまいます。

交換時期2万キロ走行毎
交換価格軽自動車 7,400円(消費税別512円:合計7,992円)より
普通車 9,600円(消費税別768円:合計10,368円)より
大型車 10,700円(消費税別856円:合計11,556円)より
  • ※ CVT車は交換できない場合や、料金が変わる場合がございます。
  • ※ 走行距離の多いお車や、しばらく交換をしていなかったお車に関しましては一度ご相談ください。
5.バッテリー交換

バッテリーはエンジンをかける時などの蓄電池です。
バッテリーが弱くなると、エンジンがかからなくなってしまいます。
現在のお車はオーディオやナビゲーションシステム、コンピューター等のメモリ電源としてバッテリーを使用しておりますので、あまりお車にお乗りにならなくても、その電力を必要とされております。
また、車種によっては、バッテリー上がりによって致命的なエンジントラブルを引き起こす可能性もございますので、早めの予防整備が必要な場合もございます。

標準バッテリー
バッテリーの交換時期2年から3年
標準バッテリー料金
(工賃1,000円(消費税別80円:合計1,080円)より)
40B19L/R 4,980円(消費税別398円:合計5,378円)
55B24L/R 12,000円(消費税別960円:合計12,960円)
75D23L/R 14,500円(消費税別1,160円:合計15,660円)
85D26L/R 15,500円(消費税別1,240円:合計16,740円)

エコカー&充電制御システム搭載車にはECOバッテリー!
最近のお車には、バッテリーの充電がいっぱいになると、エンジンの負荷を減らす為に充電をストップする「充電制御」を行い、燃費を良くしている車があります。
ECOバッテリーは、満充電までの時間が短く、充電負荷を減らすことができ、燃費も向上!当社お勧めのバッテリーです。
また、満充電までの時間が短いので、あまり距離を走られない方にもお勧めです!少ない距離で安定した電気を保てます。

エコタイプバッテリー
バッテリーの交換時期2年から3年
ECO-Rバッテリー料金
(工賃1,000円(消費税別80円:合計1,080円)より)
40B19L/R 6,900円(消費税別552円:合計7,452円)
60B24L/R 14,900円(消費税別1,192円:合計16,092円)
75D23L/R 17,900円(消費税別1,432円:合計19,332円)
85D26L/R 18,900円(消費税別1,512円:合計20,412円)

車検時は交換工賃が無料!!

※ 輸入車やコチラに無いサイズはご連絡ください。

6.ブレーキパット交換

ブレーキパットは車を止めるために、ブレーキを踏んだときには常に磨耗しております。磨耗の進んだブレーキパットを使用していますと、ブレーキローターを傷つけたり、ブレーキキャリパーのピストンが外れたりしてブレーキが効かなくなり、大変危険です。

ブレーキパットの交換時期4mm以下になったら交換

車検時には工賃がお安くなります!

7.各種ベルト交換

ベルトは、エンジンの回転をオルタネーター(発電機)エアコンコンプレッサー、パワーステアリングポンプに伝える役目があります。交換しないままでいますと亀裂が入り、切れてしまいます。ベルトが切れると、バッテリーが充電しない、エアコンが効かない、ハンドルが急に重たくなるなどの突然の不具合が出るだけでなく、切れたベルトが他の部分に絡みついたりして、予想の付かないトラブルや事故を引き起こす可能性がございます。

ベルトの交換時期5年又は4万km
キュルキュルと異音が出たときや、ひび割れが確認されたときは交換時期に関わらず、速やかに交換しましょう。

車検時には工賃がお安くなります!!

8.タイミングベルト交換

タイミングベルトはエンジンの回転力を利用して吸排気バルブを動かすカムシャフトをまわしております。もし切れたり、ベルトの山が飛んだりしてしまいますとエンジンが停止してしまい、修理に20万以上かかってしまう場合があります。

タイミングベルトの交換時期10年、10万km
(コバックでは8万kmを超えた車には交換をオススメしております)

タイミングベルトの交換時には、一緒にウォーターポンプやオイルシールなどの交換もお勧めいたします。同時の交換で、工賃がグッとお得になります!!

▲Page Top

トップページへ戻る